ブラウブリッツ秋田/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > ブラウブリッツ秋田

DIVISION3チーム ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツ秋田(ブラウブリッツあきた、Blaublitz Akita)は、日本の秋田市、由利本荘市、にかほ市、男鹿市を中心とする秋田県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。 ホームスタジアムは秋田市八橋運動公園球技場、練習グラウンドは秋田市八橋運動公園である。
チーム名のブラウブリッツはドイツ語で「青い稲妻」の意でクラブ設立時に一般公募で決定した。
エンブレムはTDKサッカー部を受け継いだ経緯から形状は変更せず、秋田のなまはげと稲妻(ブリッツ)を取り入れたものである。
クラブマスコットは秋田県の竜伝説を題材にした竜のキャラクター「ブラウゴン」一般公募で決定したマスコットで秋田市の小学生のデザインを採用している。
クラブの前身となったのは1965年創部のTDKサッカー部。東北社会人サッカーリーグで11回の優勝を記録し、日本サッカーリーグ(JSL)2部に在籍した経歴を有する。
2007年に日本フットボールリーグ(JFL)に昇格したが、2009年シーズン終了後にTDKが運営から撤退することを受けて、同年9月に運営会社を設立。2010年シーズンより「ブラウブリッツ秋田」の名称でクラブチーム化した。
2010年12月17日、クラブは秋田陸をホームスタジアムとして秋田県や秋田市と調整していたが、スタジアムの確保及び改修の目処が立たないために2011年もJリーグ準加盟申請を見送ることとなった。
2011年もJリーグ準加盟申請を再び見送ったが2013年2月26日、Jリーグ準加盟が承認され、2014年からのJ3リーグ参加が決定した。
2014年1月、練習場などのクラブの拠点をにかほ市から秋田市内に移転したが、秋田県全域で活動するに当たって県庁所在地のある秋田市内に拠点を置くことで「県民 チーム」としての性格を強く打ち出せることなどを理由としている。なお、クラブ発祥の地であるにかほ市および由利本荘市は「マザータウン」として位置付けられることとなった。

法人名 ㈱ブラウブリッツ秋田
呼称 ブラウブリッツ秋田
クラブ所在地 〒010-0951 秋田県秋田市山王3-1-7 東カンビル1F
TEL:018-874-9777
FAX:018-874-9778
チケット
お問い合せ先
株式会社ブラウブリッツ秋田
TEL:018-874-9777
【平日】9:00~18:00 定休日:土、日、祝日
活動区域
ホームタウン
秋田県/秋田市、由利本荘市、にかほ市、男鹿市を中心とする全県
ホームスタジアム 秋田市八橋運動公園球技場
練習グラウンド

・秋田市八橋運動公園球技場
〒010-0974 秋田県秋田市八橋運動公園1-1

・秋田市八橋運動公園陸上競技場
〒010-0974 秋田県秋田市八橋運動公園1-10

・秋田市八橋運動公園多目的広場
〒010-0974 秋田県秋田市八橋運動公園1-1

チーム名の由来 クラブ設立時に一般公募で決定。ブラウブリッツはドイツ語で「青い稲妻」の意
クラブマスコット 名称「ブラウゴン」。一般公募で決定したマスコットで秋田市の小学生のデザインを採用
クラブカラー ブルー
Jリーグ加盟年 2014年
アカデミー(育成)

・ブラウブリッツ秋田U-18

・ブラウブリッツ秋田U-15

主力選手

■日髙 慶太 Keita Hidaka
背番号:10 ポジション:MF 身長 / 体重:177cm/66kg 生年月日:1990/2/19

■古田 寛幸 Hiroyuki Furuta
背番号:9 ポジション:MF 身長 / 体重:170cm/64kg 生年月日:1991/5/23

HOME > Jリーグについて > ブラウブリッツ秋田

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ