水戸ホーリーホック/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 水戸ホーリーホック

DIVISION2チーム 水戸ホーリーホック

水戸ホーリーホックは、日本の茨城県水戸市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。
1994年にFC水戸として創設され、2000年よりJリーグへ加盟した。ホームタウンは茨城県水戸市。ホームスタジアムはケーズデンキスタジアム水戸である。練習はチーム専用グラウンドであるホーリーピッチの他、水戸市のツインフィールドなど水戸市近郊のグランドを利用している。
クラブ名の「ホーリーホック(Hollyhock)」は英語で「葵(あおい)」の意味であり、徳川御三家であった水戸藩の葵の家紋に由来している。

クラブの前身のひとつとされるのが、1990年に土浦市で誕生した「アセノスポーツクラブFC」。後に同市に工場を持つプリマハムが運営し、「プリマハムフットボールクラブ土浦」と改称した。1996年度に全国地域リーグ決勝大会で2位となり、当時のJFLへの昇格を決めるが、会社は廃部を決定。その際、1994年に水戸で創設され、茨城県リーグに参加していた「水戸FC」が受け皿となり、プリマハムFC土浦を吸収合併することとなった。運営会社のフットボールクラブ水戸ホーリーホックが設立され、クラブは「水戸ホーリーホック」としてJFLに参加した。

1999年、Jリーグが2部制に移行したことにより終了したJFL(ジャパンフットボールリーグ)に代わって、新体制となった新たなJFL(日本フットボールリーグ)に参加。同年に3位に入賞したことから、翌2000年からのJ2参加が認められた。J2参加以降は、中位以下の成績に留まった上に、予算規模の事情などもあり、何度となく経営危機に陥った。そのため、2003年には運営資金を広く集め、地域社会での認知度を高めるために「水戸ホーリーホック支援持株会」が拠出金募集を開始した。2006年8月13日には那珂川河川敷の水戸市市有地に3面整備された「水府町グラウンド」が開場し、クラブの悲願だった専用練習場「ホーリーピッチ」として水戸に利用権が与えられた。
2009年には、最終成績は21勝20敗10分の勝ち点73で、18チーム中8位と健闘。J2リーグ参加10年目で初めて勝ち越すとともに、1シーズンで3人のFW(荒田智之、遠藤敬佑、高崎寛之)がハットトリックを達成するなど、総得点でも70点台に到達した。
2011年シーズン開幕直後の3月11日、東日本大震災により水戸も大きく被災。特にホームスタジアムであるKsスタはメインスタンドを中心に著しく損傷。周辺地域も被災していることや、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能漏れの影響への懸念から、一時活動停止していたが、その後練習を再開。スタジアムについては代替開催可能な競技場が他になかったため、Ksスタのメインスタンドを閉鎖し、バックスタンドおよびゴール裏に観客席を限定して使用することとなった。その後工事が進み、10月16日の東京V戦からメインスタンドの使用が再開された。

この震災の影響で、スポンサーやテレビ放映収入などの激減が予想される事から、再建計画も見直しを迫られることとなったが、増資やサポーター有志の募金など、クラブ内外の多くの助力により、シーズンの運営危機は回避された。

2012年、開幕から3連勝と好調で、4節終了時にはJ1昇格圏内の2位となるが、最終的には22チーム中13位に留まった。ただし、観客動員については、1試合あたりの平均が過去最多となる3,973人を記録した。

2013年、リーグ戦途中7位が最高で10試合勝利無しなどもあり、最終的に15位でシーズンを終了した。年間の平均入場者数は、4,630人となり前年の動員記録を更新。また、J2参加14年目で鳥栖の13年を抜いてJ2最長となったが、本拠地のケーズデンキスタジアム水戸の収容人数がJ1クラブライセンスの条件を満たさないため来季はJ1に昇格できない状態だった。

ユニフォームのメインカラーは、“濃い青”と“葵の青”。

法人名 (株)フットボールクラブ水戸ホーリーホック
呼称 水戸ホーリーホック
クラブ所在地 〒310-0852 茨城県水戸市笠原町136-1
TEL:029-212-7700(代表)
FAX:029-212-7705(代表)
チケット
お問い合せ先
チケット問合せ先
TEL:029-212-7700
水戸ホーリーホック
活動区域
ホームタウン
茨城県/水戸市
ホームスタジアム ケーズデンキスタジアム水戸
練習グラウンド

・ホーリーピッチ
〒310-0005 茨城県水戸市水府町864-6

・水戸市立サッカー・ラグビー場(ツインフィールド)
〒311-4153 茨城県水戸市河和田町3438-1

チーム名の由来 ホーリーホックとは、英語で「葵」を意味する。徳川御三家の一つである水戸藩の家紋(葵)から引用したもの。誰からも愛され親しまれ、そして強固な意志を持ったチームになることを目標にしている
クラブマスコット 愛称「ホーリーくん」。
龍をモチーフにしたマスコット。
クラブカラー
Jリーグ加盟年 2000年
アカデミー(育成) ・U-18 水戸ホーリーホックユース ・U-15 水戸ホーリーホックジュニアユース ・U-12 水戸ホーリーホックジュニア
主力選手 ■佐藤 和弘 Kazuhiro SATO
背番号:10 ポジション:FW 身長 / 体重:175cm/68kg 生年月日:1990/9/28
■萬代 宏樹 Hiroki BANDAI
背番号:9 ポジション:MF 身長 / 体重:184cm/77kg 生年月日:1986/2/19
HOME > Jリーグについて > 水戸ホーリーホック

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ