サッカー専門用語 は行/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 は行

覚えておくと便利!専門用語 は行

バイタルエリア 「非常に重要な地域」と言う意味。センターバック(CB)とディフェンシブハーフ(DH)の間のエリアであり、このエリアは得点のチャンスが生まれやすく、ラストパスの起点となることが多い。
挟む ディフェンス方法のひとつ。相手選手がボールをキープしている時に、味方選手2人でチェックに行き、相手選手のプレーを限定しパスコースを消したり、身体を当ててボールを奪ってしまう戦術。
パサー パスを送る選手のこと、またはパス能力に長けている選手のこと。
パスカット 守備方法のひとつ。相手チームが保持しているボールを奪う、もしくはパスコース・シュートコースを変えること。
バック 守備を役目とするプレーヤー。バックのことをDFとも言い、センターバックやサイドバックが、そうである。
バックチャージ 相手プレーヤーの背中を後方からチャージする反則。不正なチャージの一つ。直接フリーキックが相手に与えられる。
バックパス ボールを保持している時に攻撃する方向とは逆に、後方の味方プレーヤーにパスすること。相手守備態勢が整っている時に一旦バックパスして、後ろのプレーヤーにサイドチェンジ、センタリングや縦パスなど別の攻撃を仕掛ける。
バックライン バックの選手達のことを言う。バックで構成されたラインなのでバックラインと言う。または、バックのことをDFとも言うので、ディフェンスラインと呼ばれる。
ハットトリック 1人の選手が1試合に3得点すること。6得点であればダブルハットトリックという。帽子のマジックのように凄い、というところからこの名前がつけられた。
バナナシュート カーブのかかったシュートのこと。バナナのような曲がる軌道を描いたシュートであるためバナナシュートと呼ばれている。
バランサー チームのバランスを取る選手。中盤を走り回り、攻守のバランスを司ることが役割。
パワープレー 攻撃方法のひとつ。前線に張っている、フォワードの長身選手にロングパスを放り込み、フォワードが落としたボールやこぼれ球を狙い得点を奪おうとするプレーをパワープレーという。
パンチング GKがゴール前に飛んでくるパスやシュートをキャッチする余裕が無い場合に、握りこぶしでボールを弾き飛ばすプレー。
ハンドリング ファウルのひとつ。略して「ハンド」と言うのが一般的でる。手・腕でボールを扱う反則。偶然手に触れた場合等、故意でなければ反則とならない。
パントキック GKがボールをキャッチしたあとに前方に向かって蹴る際に、ボールを手から落とし、バウンドさせずに蹴ることをパントキックという。
ハンドスプリングスロー スローインのひとつ。器械体操のハンドスプリングの要領でスローインを行うことからこう呼ばれている。
ハーフ フォワードとディフェンダーの中間のポジション。両ポジションのつなぎ役で攻撃と守備の両方に関わる。MFのこと。
ハーフウェイライン フィールド上の短い方の中央にある線。規定の長さは45メートル(約50ヤード)から90メートル(約100ヤード)の範囲内と決められている。
ハーフタイム 前半と後半の間に設けられた休憩時間のこと。
ハーフボレー バウンド直後のボールをキックすること。ドロップキックとも言う。主にシュート時のボレーキックのときに使われる言葉。

引く MFやDFが守備に戻ること。攻撃から守備に移る時にプレーヤーが自陣ゴール方向に戻ること。DFやMFに対して「引け!」のように使う。「下がる」「戻る」とも言う。
ヒスティング GKが使う守備のひとつ。ゴール前に飛んでくるパスやシュートなどのボールを手の平使いコースを変えてゴールの枠の中へ入らないようにする。
ピッチ サッカーの試合を行うための場所。フィールドとも言う。
開く ボールを保持しているプレーヤーから離れ、左右のオープンスペースに位置取りすること。開くことにより、ピッチを幅広く使ってパスを回すことができ、そこからサイドアタック、オープン攻撃を仕掛けることも可能。
PK ペナルティーキックの略。自陣のペナルティーエリア内で直接フリーキックに該当するファウルを犯した場合に相手チームに対しPKが与えられる。
PK戦 試合の勝者を決定する方法のひとつ。試合時間が終了しても同点である場合に、勝者を決めるためにペナルティキック(PK)を行う。
PKキッカー PK(ペナルティーキック)を蹴る選手、またはPKが得意な選手のこと。
ヒールキック 「かかと」で蹴るキック。近くで後方に、または頭越しに意表を突くシュート、パスをする時に使う。
ヒールリフト ヒールリフトは、ボールを両足で前後に挟むか、左右に挟んだ状態からかかとでボールを浮かせて背面から頭上を越え自身の前に落とすテクニック。相手の頭上を抜くという、トリックプレーである。

ファーサイド ゴールとゴールを結ぶ線でフィールドを半分に分け、ボールを持っているプレーヤーのいない遠い側をファーサイドと言う。近い側をニアサイドと言う。
ファウル 相手選手を押したり、蹴ったり、引っ掛けたり、引っ張ったり、押さえたり、殴ったりすること。
あまりにも酷いファウルを犯した場合には、審判が反スポーツ的行為と判断し、その選手に対して警告を意味するイエローカードを提示したり、即レッドカードでいきなり退場という場合もある。
ファウルスロー 不正なスローインを言う。ファールスローを犯した場合、相手チームがスローインの権利が移り、同じ位置からの再開となる。
ファウルチャージ 相手プレーヤーに対して乱暴な、または危険なチャージをした反則。不正なチャージの総称。直接フリーキックが相手に与えられる。
ファンタジスタ 明確な定義はないが、イタリアのサッカー界ではプレーの「閃き」や「創造性」を讃える意味でファンタジーという言葉が用いられる。「イマジネーション」と類義語。優れた指令塔やトップ下の選手など、創造性が豊かな攻撃的選手を総じてファンタジスタと呼ぶ習慣が定着している。
ファンブル GKがキャッチミスすること。
フィジカル 肉体的な強さ。フィジカルの強い選手は多少の当たりでも態勢が崩れず下半身が安定しているため身体のバランスが乱れない。
フィニッシュ 一連の攻撃が最終的にシュートで終わること。または、一連の攻撃でシュートが決まること。
フィード パスを出す。ボールを味方に渡すこと。
フィールド サッカーの試合を行うための場所。ピッチとも言う。
フィールドプレーヤー GK以外のプレーヤー。
Ⅴゴール ゴールデンゴールともいわれ、延長戦の方式のひとつ。延長戦の前後半を行い、その間に一方のチームが得点した時点で、試合終了となり得点したチームの勝利となる。
フェイント プレーの意図を悟られないようにするための擬似動作。
フォアチェック ボールを奪われたら前線から積極的にプレッシャーをかけ、相手のスペースをなくし、できるだけ相手ゴールに近いところでボールを奪い、攻撃につなげようとする守備戦術。
フォアポスト ボールがサイドにある場合、ボールから遠い方にあるゴールポストのこと。コーナーキックやサイドからのフリーキックなどときに、ボールを蹴る位置から遠い方のゴールポストのことを言い、フォアポストに合わせる、フォアポストに走り込む等と使う。
フォロー 味方選手の援護に行くこと。主に攻撃時において味方選手がボールをキープしているときに、その味方選手の補助をしに行くこと。
フォワード 相手の守備陣を突破して得点をする役目の攻撃中心のプレーヤー。
フォーメーション 戦術的に守備や攻撃を効率良く行うための、11人の選手のポジション。よく、4―4―2システムや3―5―2システム、4―3―3システム等がフォーメーションである。
副審 試合を行う上での審判員。線審とも言う。
プッシング 相手プレーヤーを手などで押す反則。直接フリーキックが相手に与えられる。
フットサル 簡単に言うと5人制のミニサッカーのようなもので、本来は室内で行うスポーツですが、現在日本では体育館や屋外の人工芝でおこなわれており(ピッチの大きさはサッカーの8分の1くらい)、オフサイドなし、選手交代自由、スライディングタックルなどの接触プレーを反則とする等ルールが工夫されているため、ジュニアから中高年、また女性でも気軽に参加出来るスポーツとして人気がある。
フラットスリー 3人のディフェンスラインを一直線構成する戦術。主に3人がセンターバックの役割をこなし、サイドバックは配置しない。その代わりに中盤にウィングバックを置きバランスをとる。
フリックオン パス交換のひとつ。パスが入ってきたときに軽くボールにさわり、ダイレクトでパスの起動を微妙にずらしパスをつなげる技術。
フリー 相手プレーヤーが接近していない状態。相手プレーヤーにマークされていない状態のこと。
フリーキック 反則を受けた側が得られる妨害なしのキック。相手チームはボールから9.15m(10ヤード)離れなければならない。反則の種類によって直接フリーキックと間接フリーキックがある。
フリーロールプレーヤー 攻撃の局面で特定のポジションや役割に縛られないプレーヤーのこと。
プルアウェイ DFの視野から消える動きのことで、オフ・ザ・ボールの駆け引きの重要な手段の一つ。
プルバック クロスの一種。ゴール近くまで切れ込んでから、後方へ戻すクロス。
プレス ディフェンス方法のひとつ。相手選手がボール持っているときに自由にプレーをさせないようにチェックをしに行くこと。
プレースキック 地面に置かれたボールを蹴ることで、試合をスタートさせる、もしくは、試合中でのリスタートさせるプレーの総称である。
プレーメーカー ゲームを組み立てる選手。ゲームメーカーとも言う。中盤でのパス回しをする中心となる選手で司令塔の役目を果たす。MFのポジションに多く、パス能力が高く、技術的にも優れており、サッカーを良く知っていることが必要。

ヘディング ボールを頭で処理すること。パスやシュート、トラップ時に行う。
ペナルティーアーク ゴール前方のペナルティーエリアの外側にある半円状のエリアのことをペナルティーアークという。ペナルティーマークを中心として半径10ヤード(9.15メートル)の円が描かれている。
ペナルティーエリア フィールドのゴール前にある長方形の枠2つのうち広い方。
自陣ペナルティーエリアで直接フリーキックとなる反則をすると相手チームにペナルティキック(PK)が与えられる。
ペナルティーキック PKのこと。自陣のペナルティーエリア内で直接フリーキックに該当するファウルを犯した場合に相手チームに対しペナルティーキックが与えられる。
ペナルティーマーク ペナルティーキックを蹴る位置を示したポイント。ゴールラインのド真中から、ペナルティーエリア内に垂直に12ヤード(11メートル)のところにポイントが設けられているのがペナルティーマークである。
ベンチウォーマー 交代要員としてベンチ入りはしているが、試合に出られない控え選手のことを言う。

ポジショニング ボールに対応するときの位置。
ディフェンス面では、相手のパスコースやシュートコースを切ったりし、相手選手がイヤがるようなポジショニング、オフェンス面ではパスを受ける時、出し手がパスしやすいポジショニング等局面によって様々なポジショニングがある。
ポストプレー ポスト(柱)にパスをあてて、跳ね返りを受ける時の「柱役」のプレー。壁パスを使うことが多い。攻撃のとき、前線にいるトップの選手にボールを当てて、バイタルエリアに起点をつくり、攻撃を組み立てていく方法。
ポストプレーヤー ポストプレーを行う選手、またはポストプレーを得意とする選手のこと。
前線(主にFW)の選手に縦パスのボールを入れ、そこからまた攻撃を組み立てる役割を持つ。
ホスピタルパス パスを受ける味方選手を負傷させてしまうような、スピードの遅い、不用意なパス。アプローチが速く、パススピードの重要性が当たり前の国には、選手同士でこのような言葉が存在する。
ポゼッションプレー チームでボールをキープする戦術。ボールを持っている限り、相手に得点を奪われる可能性は無いという考え方が元になっている。
ボディーシェイプ ボールを受けた時の体の向きや体勢。次のプレーに速く移れる良い体勢を「グッド・ボディシェイプ」と言う。身体の向きと姿勢を合わせた概念。
ボランチ ポルトガル語で「船の舵(かじ)をとる」という意味。ボランチ守備重視のMFで、攻撃の起点となるプレーヤー。MFの最後方に位置して相手の攻撃の流れを読み、DFが守りやすいように相手プレーヤーの動きをコントロールするポジション。本来の言葉の意味は「車のハンドル」。
ボレーキック 浮き球を直接蹴ること。ボレーキックにも数種類あり、身体の正面でのボレーをフロントボレー、ジャンプして身体を宙に浮かせてのボレーをジャンピングボレー、自分の足を頭越しに蹴り上げてのボレーをオーバーヘッドボレー、またはオーバーヘッドキック、身体の横でのボレーをサイドボレー、バウンドした直後のボールを蹴ることをハーフボレー、あるいはドロップキックと言う。
ホーム チームの本拠地。試合を行うときに自分たちの本拠地で行うことを言う。ホームチームの立場で行う試合をホームゲームと呼ぶ。
ボールウォッチャー ゲーム中にボールを持っているプレーヤー以外が、ボールに集中するあまりに立って見入ってしまう悪い状態。
ホールディング 手を使って相手プレーヤーを押さえる反則。直接フリーキックが相手に与えられる。
ボールリフティング ボールを足、もも、頭などで地面に落さないようにする技術。足で扱う時には、ボールを「蹴上げる」と言うよりも、「引き上げる」「押し上げる」感覚が大切。
正確にボールに当てることと、集中力・持続力を付けることが出来る。
HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 は行

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ