サッカー専門用語 か行/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 か行

覚えておくと便利!専門用語 か行

カウンターアタック 攻めてきた相手チームのボールを奪い、相手ディフェンス陣の体制が整わないうちに攻撃を仕掛ける戦術のこと。相手の守備が薄くなっているので、得点につながることが多い。
囲む 守備方法のひとつ。ボールをキープしている相手選手がパスを出す前に、複数の味方選手でプレッシャーをかけにいくこと。囲むことによりパスを出せなくし、相手プレーヤーからボールを奪う戦術。
加速力 トップスピードに到達する早さ。加速力のある選手は一歩目の反応が良く、早くトップスピードに持っていくことが出来、ウイングやサイドバックのポジションに起用されることが多い。
固まる 多くのプレーヤーがボールの近くに集まってしまうこと。サッカー経験がほとんど無い人がプレーすると、このような状態になりやすい。
勝ち点 勝利、引き分け、敗戦で与えられる点のこと。勝利:3、引き分け:1、敗戦:0。順位や勝者を決める際、最初に判断されるのが勝ち点である。サッカーは勝ち点の積み重ねで順位や勝者が決まるため、当然チームは勝ち点3を目指してプレーする。
カット 守備のときに使われる言葉。相手チームが保持しているボールを奪う、もしくはパスコース・シュートコースを変えること。
カットイン ドリブルのひとつ。相手選手の内側へ切れ込んで抜くドリブル。ボールをキープした状態でスローなドリブルから急にスピーディーなドリブルで進む方向を変化させる。スピーディーなドリブルをするときの一歩目をどれだけ速く出来るかがポイントとなる。
カバーリング 味方が攻撃側に突破されたり、ミスした時のために、他の選手がすぐ援護して守りに入れるポジションをとること。主に守備に関して使われる言葉だが、攻撃の時に使われるサポートやフォロー等もカバーリングのひとつ。
守備方法のひとつ。自陣のゴール前などで相手にフリーキックを与えてしまった時、シュートコース(まれにパスコース)を切るために、フリーキックのポイントから10ヤード(9.15m)離れた位置に数人のDFを立たせる。この立っているDFを壁という。
壁パス 壁に当てて跳ね返ってくるパスのように、パスを送った味方から素早くパスを返してもらうこと。「ワン」でパスを出す、「ツー」で走る、「リターン」でパスを受けると言う意味。もしくはパス&ゴーと呼ぶことも。
間接フリーキック フリーキックの種類。ゴールを狙う時に、キックした選手以外のもう一人の選手に触れなければ得点が認められないフリーキックのことを、間接フリーキックという。

キッキング 相手プレーヤーを蹴る、または蹴ろうとする反則。直接フリーキックが相手に与えられる。キッキングを故意に行うと、即レッドカードでいきなり退場ということもありうる、かなり悪質なファウル。
キックオフ ゲームの開始や再開の時にセンターマークで行うキックのこと。ワンタッチ目は相手陣内に蹴らなければならない。いきなり味方陣内に蹴り込んだ場合はやり直しとなる。
キックフェイント ボールキープ時のフェイントのひとつ。キックフェイントはシュートやパスに対してはマークしている選手が足を出してブロックするので、マークしている選手のバランスを崩しやすいが、フェイントを行う前に相手ディフェンスの体勢をよく見ておかないと成功しない。
キックミス キックを失敗すること。ボールを当てる足の位置・固定、脚の振り、立ち足の位置・柔軟性、体の向き・体勢、インパクトの習慣の目線などが悪いとキックミスとなる。
逆サイド ボールがあるサイドの反対側サイドのことを言う。ボールがないサイドにはスペースが出来やすいため、サイドチェンジを使い逆サイドに振ると効果的な攻めが行える。
キャプテンマーク キャプテンの印。キャプテンが腕にする腕章(マーク)のこと。
キラーパス 切れ味が鋭く正確なパスのこと。ディフェンスの隙間を切り裂くように通るパスなのでこう呼ばれている。直接ゴールへつながるパス、もしくは決定的なパスをキラーパスと表現する。
切る ボールが通ろうとするコースに身体をいれること。パスコースを切る、シュートコースを切る、等と使われる。切ることにより、相手チームの攻撃する選択肢を減らす目的がある。
キーパーチャージ ゴールキーパーに対する不正なチャージ。ルール改正により今現在はキーパーチャージというファウルは廃止されたが、キーパーに対するファウルを、昔の名残から「キーパーチャージ」と呼ぶことがある。
キープ ボールを保持し、相手プレーヤーから奪われないようにすること。キープすることにより溜めを作って、味方選手が上がってくるのを待ち、次の展開に移れるようにする。

空中戦 浮き球を空中で競り合うこと。主にヘディングでの制空権争いを言う。身長が高く、パワーがある選手は空中戦に強い。
ポストプレーのときに用いる、前方にいる選手(主としてトップ)の足元への縦パス。ポストプレー等を行うときに用いる。
クッションコントロール 浮き球などを足のクッションを使ってボールのコントロールする技術。
対語として、足の裏、インサイド、アウトサイド、等を使ってコントロールする技術のことを「ウェッジコントロール」と言う。
クライフターン ドリブル時のフェイントのひとつ。オランダが生んだ天才プレーヤー「ヨハン・クライフ」が相手ディフェンダーを交わすために生み出したフェイント。
クリア 危険な味方ゴール前のボールを、タッチラインの外などの安全な地域に蹴り出すこと。
クリアが小さかったり、クリアミスをすると、相手にセカンドチャンスを与えてしまうことになる。
クリーンシート GKが試合を無失点で抑えること。
クリエーター 「創造力」「創造性」の意味で、サッカーでもそのままの意味で用い、卓越した創造力でビッグチャンスを作り出せる選手を指す。スペイン語ではクレアドールとも表現する。
クロサー クロスボールの精度が優れた選手のこと。
クロスボール タッチライン寄りからゴール前に送るパス。ゴール前の味方にシュートさせるためのパス。グラウンドをクロスするように斜めに横切るパスなので、「クロスボール」または「クロス」と呼ばれている。
クロスオーバー 攻撃方法のひとつ。2人の選手が互いに逆方向に走りながら交差する動き。一方がドリブルしながら他方へのボールの受け渡しを行う場合や、ボールなしで相手のマークをふりきるために行う場合等がある。
クロスバー ゴールを作っている3本の柱のうち地面と平行な棒。ピッチと平行になっている部分をクロスバーといい、ピッチと垂直に立っている部分をゴールポストと言う。
クローズドスキル 状況の変化が少なく比較的安定しており、予測が容易な技術のこと。サッカーでいう個人技のことで、ドリブル、パス、シュート等、個人の能力を主にクローズドスキルと指している。

警告 反スポーツ的行為等の反則でイエローカードを示されること。
消す 守備方法のひとつ。シュートやパスのコース、ドリブルの進路に立って相手の邪魔をして守備すること。「パスのコースを消す」「シュートコースを消す」のように使う。
削る 激しいチャージのこと。相手選手の足などに故意に行くなど、キープ力やドリブル精度の高い相手選手がボールを持ったときにボールを奪うことが難しいので削りに行くことがある。
ファウルをしてでも相手選手を止めなくてはいけない場面に使われる。
決定力 得点を取る能力。主にFWの選手に対して使う言葉。この決定力は試合の勝敗を大きく左右する。決定力不足は日本代表チームの慢性的な問題である。
ゲームフリージング ゲームを行わせながら、問題点があればその都度ゲームをストップさせコーチングを行う指導法。ゲームを止めた瞬間の全員の位置を保つことが大切なのでこう呼ばれる。
ゲームメーカー 試合を組み立てることができる選手。中盤でのパス回しの中心となる選手で司令塔とも言われる。

コイントス エンドを決める時の手段の一つ。試合直前に、エンドを選ぶ権利を決定するために主審と各チームの代表者2名の間で行われ、硬貨もしくはそれと同様のものを使う。
出たコインの面に対応するチームが「エンド」を選択し、他方のチームはキックオフを行う。
攻撃性 攻撃をする意識。FWや攻撃の軸となるMFの選手の攻撃性は必要不可欠なものである。
コーナー フィールド上にある4つの角のこと。コーナーにはフラッグポストがたてられており、それにフラッグが付いている。これをコーナーフラッグと言い、ボールがラインを割ったときにタッチライン、ゴールラインのどちらからボールが出たのかを割ったのかを明確にするために立てられている。
コーナーアーク フィールドの4隅にあるコーナーキックを行うときのボールの置く位置。
コーナーキック セットプレーのひとつで、守備側のプレーヤーに触れたボールがゴールラインを越えた場合のゲームの再開方法。ただし、ゴールポスト間を通り失点になる場合を除く。攻撃側がゴールラインを越えた地点に近い側のコーナーアークからキックする。
コーチング 味方選手に指示を出すときに使う。ディフェンス面ではGKやセンターバックの選手がコーチングすることが多い。
ゴール 得点を決めること。もしくは、その得点を決める枠のこと。
ゴールエリア ゴールキックの時にボールを置くエリア。左右のゴールポストの内側から5.5mの場所に垂直に5.5mの線を引き、その両端をゴールラインと平行に線で結び出来上がった長方形の範囲がゴールエリアである。
ゴールキック 攻撃側のプレーヤーに触れたボールがゴールラインを越えた場合のゲームの再開方法。ただし、ゴールポスト間を通り得点になる場合を除く。守備側がゴールエリアからペナルティーエリアの外にボールをキックして再開する。
ゴールキーパー ゴールを守る役目のプレーヤー。自陣のペナルティーエリア内では、ボールを手で扱うことが出来る。他のプレーヤー、審判とは違う色のユニフォームを着なければならない。
ゴールゲッター よく得点するプレーヤー。FWや攻撃的なMFが多い。ストライカーとも言う。
ゴールデンゴール Vゴールともいわれ、延長戦の方式のひとつ。延長戦の前後半を行い、その間に一方のチームが得点した時点で試合終了となり得点したチームの勝利となる。
ゴールポスト 得点をするための枠の名称のひとつ。ピッチと垂直に2本立っている部分をゴールポストと言い、ピッチと平行になっている部分をクロスバーと言う。
ゴールライン フィールド上の短いほうの二辺にある線。競技場、もしくはグランドの大きさによって長さは違うが、長さは45メートルから90メートルの範囲内と決められている。この線両サイドに垂直に引かれた線をタッチラインという。
コンパクト ディフェンスのときにプレッシャーとカバーリングが効率よく行えるように、前線から最終ラインまでの幅を狭くして行う守備のこと、あるいはそのような状態のこと。
HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 か行

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ