サッカー専門用語 さ行/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 さ行

覚えておくと便利!専門用語 さ行

最終ライン ディフェンスラインとも言い、主にバックの選手達のことを言う。
サイド 主にタッチライン沿いのゾーンのこと。サイドでのプレーを得意とする選手のことを、サイドプレーヤーと言い、ウイング、サイドハーフ、ウィングバック、サイドバック等役割は多少違うにしても、サイドを中心にプレーをする。
サイドアタック 攻撃方法のひとつ。主としてサイドバックやウィングバックが走り込むことが多い。「オープン攻撃」とも言う。
サイドコーチ 試合中のベンチや応援席からの声。
サイドチェンジ 相手ゴールに向かってボールのあるサイドから逆側のサイドにロングパスを送ること。相手選手が少なくなっているスペース、もしくはオープンスペースを使い、攻めやすくするために展開する。
サイドネット ゴールネットの名称のひとつ。枠(ゴール)の側面にあるネットの部分。
サイドバック DF(バック)が3人以上いるフォーメーションの時に両端にいるDFのこと。ウィングバック。
サイドハーフ MFのポジションのひとつ。MFのことをハーフとも呼びハーフの中でもサイドに位置する選手なのでサイドハーフと呼ばれている。
下がる 攻撃をされたときに守備に帰ること。味方チームが攻撃している際、相手チームにボールを奪われた時に、自陣のエンドで守備の陣形を整え相手チームの攻撃に対応出来るように備える。
下げる 守備においてディフェンスラインをゴールに近づけること。「守備ラインを下げる」のように使う。
サポート 主に攻撃時において味方選手がボールをキープしているときに、その味方選手の補助をしに行くこと。
サード・オブ・ザ・ピッチ ピッチを三等分したゾーンのこと。自陣のゴール側から見て、ディフェンディングサード、ミドルサード、アタッキングサードに分けて戦術を考えることが多い。

チームの中心選手のこと。ゲームの組み立てや司令塔の役目をして攻めの中心にいることが多い。主にオフェンシブハーフやセンターハーフの選手。
シザース ドリブル時のフェイントのひとつ。ボールを内側から外側へ、または外側から内側へまたぐ。
システム プレーヤーの配置の方法や動き方。守備と攻撃を効率的に行うための原則的なポシションを決めるもので、3-5-2、4-4-2、4-3-3等のシステムがある。
絞る 守備方法のひとつ。守備を行うときに相手チームが中央から攻めてきた場合、センターにいる味方選手はボールを持った相手選手にプレッシャーをかけに行き、サイドにいる選手はセンターに寄って中央をケアするように守ることを絞るという。
シャドー 役割のひとつ。FWよりやや下がり目に位置する。FWの後ろを影のようについて回ることからシャドーと呼ばれている。
シャポー ドリブル時のフェイントのひとつ。ディフェンダーとの間合いを確認しつつ、相手選手の寄せてくるタイミングを図り、ボールをリフティングするように浮かせ、相手の頭の上を通してかわす。
ジャンピングアット ファウルの種類。相手選手に飛びかかる反則のことを言う。直接フリーキックで試合再開となる。
ジャンピングヘッド 高めのボールにジャンプしてするヘディング。
ジャンピングボレー 浮いた球をジャンプしてボレーキックすること。相手チームゴール前なのでバウンドしているボールをシュートする時やセンタリングに合わせる時によく使う。
主審 試合を行う上でのメインの審判員。審判員は1試合につき主審1人、副審2人、第四の審判1人の計4人で行う。
シューター シュートを得意とする選手。もしくはシュートをした選手。主にフォワードFWの選手に対して使う言葉。
シュート精度 シュートの上手さ。得点を取る能力。
シュート力 シュートの威力。シュート力のある選手は球の勢いがありスピードも速く、GKやディフェンダーにDFは反応しにくい。
シュートレンジ ゴールが決まる可能性の高いシュートを打てる範囲。普通ペナルティーエリア付近のことを言う。
ジョッキー 守備方法のひとつ。馬を繰るよう、ボールを持っている選手に対して、ある方向に追い込むようにプレッシャーをかけていくディフェンス方法。
ショルダーチャージ ひじから肩にかけての部分で相手を押すこと。相手からボールを奪う技術。ひじが体から離れるとファウルチャージやプッシングの反則になる。
ショートコーナー コーナーキックからの短いパス。コーナーキックの時に、すぐ近くにいる味方プレーヤーにパスを出して、そこからゴール前にボールをつないで攻める戦術。
ショートパス 距離の短いパス。インサイドキックやアウトサイドキックを使うことが多い。
司令塔 卓越したで展開力でゲームを作れる選手を指す。攻撃の起点となって試合を組み立てるのが役目。MFのポジションに起用されやすい。
芯ガード すね当てのこと。すねを保護する用具。試合中にすねを蹴られることがあるので、怪我を防止するために着用する。
審判 試合の審判員のこと。審判員は1試合につき主審1人、副審2人、予備審判1人の計4人で行う。
サッカーの審判資格には大きく分けると二種類あり、各国・地域のサッカー協会・連盟管轄の「サッカー公認審判員」(更新制)とFIFA(国際サッカー連盟)管轄の「国際サッカー審判員」(更新制)がある。

スイッチ ボールを持っている味方のプレーヤーに向かって走り、交差する時にボールを受けるプレー。交差する時に受け渡さなければ「ダミー」になる。攻撃の方向を変えるサイドチェンジの意味にも用いられる。
スイーパー ディフェンス陣の後方に位置し特定のマークを持たない守備選手。ディフェンスラインの裏に出てくるボールを掃除(Sweep)することからついた名。
スクリーン ボールと相手との間に自分の身体を入れて(幕を張って)、ボールを奪われないようにする技術。シールディングとも言う。
スタミナ 持久力のこと。サッカーでは、スタミナがあればある程運動量が豊富である。スタミナのある選手はMFに起用されることが多い。
スタンディングタックル 相手のボール保持者へ当たること。立っている状態でタックルをするのでスタンディングタックルという。
スタンディングヘッド ヘディングの種類。両足を地面につけ上体を起こし立った状態でヘディングすること。両足は肩幅に広げて立つか、両足を前後に開いて立つ。
ストッパー 相手のFWをマークして攻撃を阻止するディフェンダー。センターバックの一つ。
ストッピング ボールコントロールの技術。浮き球等を足のクッションを使って、ボールをコントロールすること。ボールの勢いを殺してその場に止めたり、方向を変えて持ち出したりする。
ストライカー 得点を取る選手。主にFWの選手に対して使う言葉。ストライカーのことを、点取り屋、ゴールゲッター等と呼ぶこともある。そのチーム内で特にシュートを多く決めるプレーヤーを「エースストライカー」と呼ぶ。
ストライキング 相手プレーヤーを殴る、または殴ろうとする反則。直接フリーキックが相手に与えられる。
すね当て シンガード。すねを保護する用具で、競技規則で身につけることを定められている。プラスチックや硬質ゴムでできている。つけていないと相手プレーヤーとの接触、タックル、キックにより打撲・骨折の危険性が高くなる。
スピッティング 相手プレーヤーにつばを吐きかける反則。直接フリーキックが相手に与えられる。
スペース 空間、場所の意味。主に相手選手、味方選手のいない空いたスペースのことを言う。このスペースをどれだけ上手く使えるかが攻撃のポイント。
スペースメーカー 攻撃に必要となるスペースを作り出す選手。初めにいた場所から移動することで、スペースを作り出し、そこに味方を走らせることにより、チャンスが出来る。
スライディングタックル 守備の時、身体を投げ出して相手のボールを奪おうとする、あるいはパスやシュートコースをふさぐ技術。スライディングをすることは最終手段であり、スタンディングのままパスやドリブルのコースを消す方が大切。足の裏を見せてのスライディングはファウルを取られる。
スリーバック 3人で構成されたバック(ディフェンス)のことを指す。バックのポジションに3人配置するのでスリーバックと呼ばれる。3人横一列に並べ全員をセンターバック(CB)と呼んだり、3人のうちの中央を下げスイーパー(リベロ)と呼んだりする。
スルーパス パスの種類。相手選手の間を通すパス。ディフェンスラインの裏へ飛び出そうとしている味方選手に対して、相手ディフェンダーの間をすり抜けるパス。
スローイン ボールがタッチラインを越えた時、最後にボールに触わったプレーヤーの相手チームに与えられるゲームの再開方法。ボールがフィールドに入った瞬間にインプレーとなる。両手でボールをつかみ、頭の後方から頭上を通して、フィールドに体の正面から投げ込む。両足が地面から離れてはならない。
スーパーサブ ベンチ要因の一人。スキルの高い交代選手のことをスーパーサブと言う。先発出場ではなくベンチの控えにいて、ここぞと言うときにチームの切り札として途中出場する。

セカンドトップ 前線のポジションのひとつ。FWよりやや下がり目でオフェンシブハーフよりも、やや前目の位置。
セットピース 試合を再開させる方法のひとつ。セットプレーとも言う。ボールがラインを越えたり、ファウルがあった場合など試合の流れが止まったときに、ボールを静止させ試合を再開させる。ボールをセットし直すことからセットピースと呼ばれている。
線審 副審のこと。「ラインズマン」とも呼んだが、ルール改訂で呼称変更された。
センターサークル フィールド上のど真ん中に書かれている大きな円。センターサークルは直径が10ヤード(9.15メートル)でキックオフが行われる場所。
センターバック バック(ディフェンダー)のポジションのひとつ。ディフェンスラインの中央に位置するのでセンターバックと呼ばれている。
センターハーフ MFのポジションのひとつ。MFのことをハーフとも呼びハーフの中でも中央に位置するのでセンターハーフと呼ばれている。
センターフォワード FWのポジションのひとつ。フォワードの中央に位置するのでセンターフォワードと呼ぶ。得点をとることが要求される。センターフォワードにはストライカーや点取り屋、ゴールゲッターと呼ばれる選手が多い。
センタープレーヤー センターでのプレーを得意とする選手のこと。センターフォワード、センターハーフ、センターバック、等役割は違うにしても、センターを中心にプレーを好む選手。
センターマーク フィールド上のど真ん中に書かれているマーク。キックオフが行われる場所。キックオフのときはボールを静止した状態で置いてから、ファーストタッチは相手エンドに蹴り出さなければいけない。
センタリング クロスと同じ。相手陣地のタッチライン付近から中央のゴール前にいる味方プレーヤーに出すパス。
セービング 自分のゴールを守ること。GKに対して使われる言葉。GKが前後左右に飛び、倒れながら、もしくはポジショニングでゴールを防ぐ技術。

速攻 守備から攻撃に移る時に、縦パスやスルーパスを用いたり、縦への早いドリブルを用いた素早い攻撃。これに対し、ゆっくりとパスを回しての時間をかけた攻撃を「遅攻」と言う。
ゾーンディフェンス それぞれのディフェンダーが守る範囲を決めておく守備の方法。「マンツーマン・ディフェンス」の対語。
ゾーンプレス DFからFWまでの距離を約30メートル前後に保ちながら試合を進める戦術。
ゾーンの考えを基本としつつ、積極的にプレッシャーをかけチェックに行く戦術のため、ゾーンディフェンスやプレスディフェンスと比べ体力が必要で、ディフェンスが抜かれた場合のカバーが出来ないと簡単に得点されてしまうデメリットがある。
HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 さ行

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ