サッカー専門用語 た行/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 た行

覚えておくと便利!専門用語 た行

ダイアゴナルラン コートの中央からサイドあるいは、その逆に斜めに走る(あるいは横切る)動き。
退場 悪質な危険行為や反スポーツ的行為などの反則でレッドカードを示されること。
ダイビングヘッド ボールに向かって倒れ込んだり、飛び込んでヘディングするプレー。
ダイレクト パスに対して直接シュートまたはパスすること。ダイレクトシュート、ダイレクトパスと使う。ワンタッチ。
ダイレクトプレー よけいな回り道をせず、できるだけシンプルに、フィニッシュから逆算してプレーを組み立てていく考え方。「ポゼッション・プレー」の対語。
タックル 相手選手のボールを奪うため、ボールに向けて足をだすこと。スタンディング・タックルとスライディング・タックルがある。ラグビーのタックルのように相手をつかんではいけない。
タッチライン フィールドの長い方の端のライン。
縦パス 相手陣への方向を「縦」と言う。相手陣方向へのパスで、ロングパスまたは比較的長いスルーパスのこと。
ダミー ボールを持っている味方のプレーヤーに向かって走り、ボールを受け渡さないで交差し、相手プレーヤーを惑わすプレー。交差する時に受け渡せば「スイッチ」になる。
溜め ボールをキープし相手プレーヤーを引き付けてスペースを作ったり、味方プレーヤーの攻撃態勢が整うように時間を稼ぐこと。また攻撃する時にゴール前への突進を控えて少し引き気味の位置でチャンスを待つこと。
ターン! ドリブルやトラップ、ストッピングの時に方向転換すること。相手プレーヤーを抜く時やかわす時にターンする。試合中では後方からきたボールを受ける際に「ファーストタッチで前を向け!」の意味になる。逆に相手にマークされているときは「マノン!」となる。

チェック ディフェンス方法のひとつ。相手選手がボール持っているときに自由にプレーをさせないようにプレッシャーをかけに行くこと。
遅延行為 試合の進行を意図的に遅らせること。ファウルを犯してしまったときに相手チームに素早くボールを渡さなかったときやフリーキック、スローインのときに時間をかけ過ぎたときなどの遅延を行った行為を、審判が反スポーツ的行為とみなし、その行為をした選手に対して、警告を意味するイエローカードが提示される。
チェンジ・オブ・ペース ドリブル時のフェイントのひとつ。チェンジ・オブ・ペースはいたってシンプル、かつ効果的であるが、非常に高い技術とセンスが問われる。
遅攻 時間をかけて、ゆっくり攻撃すること。「速攻」の対語。
チップキック 「足の甲のつま先側」で蹴るキック。地面にあるボールの下側を蹴って、ボールを浮かす高等技術。ボールを高く上げて相手を越したい時のパス、蹴り足をバックスイングせずフワリと浮かすループシュート等に使う。
チャンスメーカー 得点機会を作り出せる選手。ドリブルで相手選手を引き付けて別の味方選手に決定的なシュートチャンスを作り出だしたり、効果的なクロスを供給できる選手のこと。
チャージング 主にファウルことを指し、相手選手に身体をぶつけプレーを妨害する行為。ショルダーチャージは唯一正当なチャージとして認められているが、後ろからの体当たりや、相手選手の当たり所によってはファウルを取られることがある。
中盤 MFのこと。または、MFの位置。MFのことをハーフとも呼ぶ。
直接フリーキック 反則をされた側が与えられるフリーキックの一つで、キッカーが直接ゴールを狙って得点できるフリーキックのこと。

ツートップ 2人のFWのことを指す。トップに2人配置するのでツートップと言う。FWを2人配置はオーソドックスで、もっとも多く見られるフォーメーション。
詰め 味方選手がシュートをしたときに相手のゴールキーパーやディフェンダーに弾かれたときにルーズボールになっている球をゴールへ押し込むこと。

ディフェンシブハーフ MFのポジションの種類。ミッドフィルダーのことをハーフとも呼び、ハーフの中でも守備目に位置するのでディフェンシブハーフと呼ぶ。守備的MFと言うこともある。
ディフェンス 相手チームの攻撃を防ぐこと。相手選手に自由にプレーさせないようにプレッシャーをかけ、チェックを厳しくしたり、ジョッキーで追い込んだりと、相手選手に仕事をさせないこと。
ディフェンスライン 最終ラインとも言い、バックの選手達のことを言う。バックのことをディフェンダーとも言い、ディフェンスで構成されたラインなのでディフェンスラインと呼ばれている。
ディフェンスライン統率 ディフェンスラインをコントロールすること。ディフェンスライン統率のできる選手はディフェンダーの中心でもあり、ラインの上げ下げや、オフサイドトラップをかけたりする。
ディフェンダー 相手フォワードの攻撃を阻止する守備中心のプレーヤー。スイーパー、ストッパー、リベロ、サイドバックなどがこの分類に入る。
ディフレクティング ボールが何かに当たってコースを変えることだが、通常ゴールキーパーが手のひらを用いてシュートのコースを変えゴールを守る技術に使われる。
ディレイ ディフェンス方法のひとつ。積極的にボールを奪うのではなく、相手の攻撃を遅らせること。ディレイすることにより、味方の守備体制を整える時間が出来る。
デコイラン 狩猟のとき使う「囮」の模型のことを意味する言葉。サッカーではディフェンダーを引き付けるための「囮」と、言う意味で使われている。
デンジャラスプレー 相手プレーヤーと接近している時に、足を高く上げたり、オーバーヘッドキックやダブルキック(両足のキック)をするプレー。あまりにも酷いファウルで、審判に反スポーツ的行為とみなされ、デンジャラスプレーを犯した選手には警告を意味するイエローカードを受けてしまったり、即レッドカードになる場合もある。

トウキック 「つま先」で蹴るキック。比較的近くで脚を振ることができない状態で、つまり相手と競り合っており相手より早くボールに触れたい場合、インステップやインサイドで蹴る余裕がない場合、意表をつきたい場合、水溜まりにボールが入っている場合、などにシュート、パス、クリアする時に使う。
トップ 前線のポジションのひとつ。主にFWのことを指し、攻撃をするのが仕事。得点をとることが要求される。
トップスピード ドリブル時、もしくはダッシュ時の最高速度。足の速さのこと。
トップレスアタック 攻撃方法のひとつ。広義でローテーションアタックと呼ぶこともある。最前列のFWが後方やサイドに動いて、ペナルティーエリア内にスペースを作り出し、そこへ後列の味方選手が走りこんできて、ゴールを狙う。
トライアングル ボールを持っている選手を中心に三角形を保ち、サポートできる体制を作ろうとする動きや、ボールを受けるために三角形を形成する場合に用いられる。
ドライブシュート シュートの種類。激しい縦回転がかかっていて落ちる強いシュートのこと。
トラッピング 自分のところへ来たボールを足の裏、インサイド、アウトサイド、胸等を使って自分の思い通りにコントロールする技術のことを言う。
トランジッション 攻守の切り替えのこと。
トリッピング ファウルの種類。相手選手をつまずかせる行為。足、又は体を使い相手選手を倒したり、倒そうとする行為を言う。
ドリブル ボールを足で運ぶこと。通常は足元でボールを扱うが、軽く蹴って走る時には「ラン・ウィズ・ザ・ボール」と言う。
突破の時などに見られる、ボールをプレイングディスタンス内において運ぶ技術のこと。突破を伴わずスペースに走り込むための「ラン・ウィズ・ザ・ボール」と区別して用いられる。
ドリブルキープ ドリブル時の保持力。ボールを連続的に身体の一部で触れながらコントロールし、ボールを保持したまま移動、相手選手にボールを奪われないこと。
ドリブンパス パスの一種。スピードのある低い弾道の中長距離のパス。逆にフワッとした浮き球のパスはロフティド・パスと呼ばれる。
ドロップキック バウンド直後のボールをキックすること。ハーフボレーキックとも言う。主にGKがボールをキャッチしたあとに前方に向かってバウンドさせて蹴ることをドロップキックと指す場合が多い。
ドロップボール 試合再開の方法のひとつ。インプレー中に審判が何らかの理由でプレーを一旦停止したときに用いられ、プレーが停止した場所から再開する。落ちてきたボールがグランドに触れる前に、プレーヤーがボールに触れてしまうとドロップボールをやり直しとなる。
HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 た行

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート


スポーツ好きとネットで出会える ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

▲ページトップへ