サッカー専門用語 や・ら・わ行/サッカー観戦婚活!横浜FCフットボールパーティー

HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 や・ら・わ行

覚えておくと便利!専門用語 や・ら・わ行

ユーティリティープレーヤー 複数のポジションや役割をこなすことの出来る能力を備えた器用な選手のことを指す。

横パス 攻める方向、つまり相手陣に向かって左右の横方向に出すパス。これに対して、前方に出すパスを「縦パス」と言う。
予備審判 第4の審判員。国際試合などの大きなトータメントおよび競技会では予備審判が1人待機する。主審や副審が審判を続行できない場合に代わりに主審や副審となる。

ライナー 低い弾道を描くボールのこと。強く速いボールを蹴るときに用いる。センタリングやクロスボールを入れる時によく使う。高度な技術とキック精度が求められ、状況判断が出来ていないと出せないパス。
ラインズマン 線審、もしくは副審のこと。ルール改訂でラインズマンとは言わずに線審、副審と言うようになった。
ラインズマンフラッグ ラインズマンが持つフラグ(旗)。スローインのチーム、オフサイドの反則、ゴールキックかコーナーキックか、ゴールインなどの時にフラグを使って方向・位置などを示す。
ラインディフェンス スウィーパーを置かず、ディフェンダーが相互にチャレンジとカバーとの関係を保ちながら行うゾーンディフェンス。通常4人のDFで行われるので、フラットバックフォーと呼ばれる。
ラインポジショニング オフサイドラインでのポジショニングの攻防のこと。
ラストパス フィニッシュにつながるパスのこと。
ラフプレー 相手選手が怪我をしてしまうような危険なプレー。ラフプレーを犯した場合、審判に反スポーツ的行為とみなされ、その選手に警告を意味するイエローカードを提示される。もしくは即レッドカードでいきなり退場の場合もある。
ラン・ウィズ・ザ・ボール ボールを持って移動する技術。相手を突破するドリブルに対して、オープンスペースへ進入する際に用いる。
ラーボ・デ・バッカ ラーボ・デ・バッカとは、ポルトガル語で「牛のしっぽ」という意味。DFを誘い出すために最初は緩やかに回転し始め誘いに乗った瞬間、一気に反転してマークを振り切って抜き去るプレーのこと。

リザーブメンバー ベンチ入りしている、交代要員としての選手達のこと。
リターンパス パスを出した選手に、それを受けた選手が返す・戻すパス。ワンツーリターン、壁パス。
リトリート 「退却」「閉じこもり」の意味。サッカーでは守備戦術のひとつ。ボールを奪われたとき、ほぼ全員で自陣あたりまで下がり、そこからディフェンスを開始する。1点のリードを守ってどうしても逃げ切りたいときや、試合内容が劣勢なのにスコアでは勝っている時等の試合終了間際に使われることが多い戦術。
リフティング ボールをコントロールする技術。ボールを浮かせてから、手以外の身体全体を使いボールが地面に落ちないようにコントロールする。
リベロ スイーパーの中でも、守備だけでなく、チャンスの時には攻撃にも参加するセンターバック。イタリア語で「自由」を意味する。
最終ラインのディフェンスを役目とするスウィーパーに対し、攻撃時には積極的に参加し、後方からゲームを組み立てていく選手に対してつけられた名。

ループシュート フワリとボールを浮かせゴールキーパーの頭を越えて狙うシュートのこと。
ボールが弧(ループ)を描くことからこの名前がついた。ゴールキーパーが前に飛び出している時に有効なシュート。
ループパス フワッとした山なりのパス。相手選手がパスコースに入っていてグランダーのパスではカットされてしまうような場面等にループパスを使うことがある。

レイオフ! ストプレーなどに見られる、後方から来る選手にボールを「おとす」プレーのこと。トップにボールが入ったときなど、中盤の選手が走り込んで発する言葉。
レスポンス 反応の素早さ、対応能力の高さを意味する。
レジスタ イタリア語で「演出家」の意味。俗に言うゲームメーカーに近く、ボランチとほぼ同義語と考えられている。
レッドカード 主審が試合中に「退場」を示すためのカード。
イエローカードよりも悪質な危険行為や反スポーツ的行為をしたと判断される以下の反則に対して提示される。このような行為を犯したプレーヤーに対し、主審はレッドカードを提示し「退場」を命じる。
レフティー 左足が利き足の選手のこと。

ロコモティブ ロコモティブとは、英語で「機関車」「鉄道」という意味。フェイントの一種で、ドリブル中に並走または背中にした状態のときのDFを振り切るためのテクニック。
ロスタイム 試合中、ケガの処置や交代などに費やすに時間は主審が時計を止め、掲示板などにある時計がタイムアウトになっても、主審の時計がタイムアウトになるまで試合が続行される間の時間。インジュリータイム(injury time)とも言う。
ロビング 弾道が高いキック、パス、センタリング、クロス。これに対して、低く速いボールはライナー。相手の頭上を超して味方にパスをしたり、シュートしたりする技術。キックとしてはロフティド・キックが用いられる。
ロングシュート 相手ゴールからかなり離れた距離からシュートを打つこと。シュートを打つと言っても、ただ単に打つのではなくゴールが決まる可能性が高いシュートのこと。
ロングパス 距離の長いパス。縦パスやクロスに使う。インステップキックやインフロントキックを使用して蹴ることが多い。
ローテーションアタック 攻撃方法のひとつ。ローテーションプレイと呼ばれることもある。基本的には4-3-3をベースに行うが、各選手が流動的な動きでポジションに縛られない戦術がローテーションアタックである。

ワンサイドカット DFを中心とする守備において、ボールを持っている攻撃側選手のパスのコースを一方向(ワンサイド)に限定する守備方法。
ワンサイドゲーム 一方のチームが圧勝してしまうこと。チームの実力差が大きいと、ワンサイドゲームが起こりやすい。
ワンタッチ 1回のタッチでボールを処理すること。ボールを止めることなしに、ファーストタッチでパス、シュートなどをすること。
ワンタッチパス トラップ(ストップ)せずに直接パスすること。ダイレクトパス。
ワンツーリターン パス交換のひとつ。ワンツーリターンを略してワン・ツーとも呼ぶ。「ワン」でパスを出す、「ツー」で走る、「リターン」でパスを受けるという意味。
このパスはホントの壁とのパス交換と形が似ていることから壁パスとも呼ばれている。もしくはパス&ゴーと呼ぶこともある。
ワントップ 1人のFWのことを指す。FWを1人配置するフォーメーションである。戦術にもよるが、ワントップにすることで、守備にかける人数を増やすことが出来たり、中盤を厚くするこが出来る。ワントップのフォーメーションを組むときは優れたFWがいるか、もしくは守備的に試合を運んでいく時に使うことが多い。
HOME > Jリーグについて > 覚えておくと便利!専門用語 や・ら・わ行

サッカー婚活ガイド

フットボールパーティーについて

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

横浜FCについて

ニッパツ三ツ沢球技場について

サッカー基礎知識

FCファン婚活シートアンケート

▲ページトップへ